𓅃𓅓K

雑記

■

今日は久々に本屋に行った。てか外に出た。

外出すると沢山人が歩いてて、どんな人がどんな場所にいてどんな服装をして何を話しているかを見て聞いて

やっぱり外に出ることは大切だなんて思う。

そうして家に帰るのが嫌になって、どこかで暇を潰そうと映画でも見るかと考えたんだけど

最近は自分のためになるとか何か意味を見出せるとか、そういうことがないと集中して遊べなくなってしまった。

それで結局そそくさ家に帰って今、晩酌している。

 

自分が好きだった漫画や心理学書コーナーなんかを見回っていると最終的に悲しい気分になってきた。

前は、素直に他人の創作物を楽しむことも何か知ることに好奇心を抱くことも1mmのためらいもなくて、並んでいる綺麗な本棚を見るとわくわくしていたはずなのに、今はどうしても全部に嫌な気持ちになってしまった。

昔の日記に感情を大切にしないような人は虫みたいで好きになれない的な事が書いてあったのを読み返したけれど、今の自分はだんだんそういう風になってるんじゃないかと思う。

数年前は自分の未来の姿だったものが無力感を感じさせる幅が大きくなってきて、どうにもやるせない。

何も面白そうなんて滅多に思えなくなってしまった。

勿論沢山考えてやり直して前よりは賢くなったつもりでいるけど、自分より自己表現できているものに 他人からの評価に媚びすぎてしょうもない なんて蔑む気持ちのみで自尊心を保ったりしているのがもう嫌になるほど目についてきてしまって、そういう自分も不甲斐なく感じた。

 とにかく早く、自分はできる優れている、という感覚を取り戻さなくちゃという焦りがある。自由に楽しく生きるのが正しいなんて思ってもどうしても、それをしたらどういう風に得になるのかが分からないと楽しめない。

悲しいというのは自分ではどうにもできないという諦めがそこにあるし、やり続けて答えを出して希望を見出さなきゃとは思うけどどうにも焦って疲れた。

もう自分の全てが恥ずかしくて恥ずかしくてたまらないんだ。

とにかく落ち着いてストレスを溜めずに整理していく事、それこそが祈りだ。

 

上の歯の歯並びが少し歪んできたので親知らずが生えたせいだと歯医者に行き抜いてくださいと言ってきたけど、上顎に親知らずはもともとなかった。じゃあなんでなんだ。