—-

たまに書く。

書きたくなったから書こう。前の日記からしばらく空いている。時間が流れるのがめちゃくちゃ早い。

 

寂しいと独り言が増えるし、これもそういうものだと思う。そうだなぁ。なんだろ…

 

誰かが、好きになるものは既に自分の中にあるものだ、みたいなことを言ってたんだけどそれは本当にそうだと思う。

何か作品?、絵でも漫画でも音楽でも映画でも文章でも話でも詩でも まあ表現なら何でも良いんだけど、そういうものに厚みがあるとか淡白だとか 冷たいとか熱いとか綺麗だとか感じる。共感できるものもあればよく理解できないものもあるし、その差がとても不思議に感じる。人と人はどうしてこんなに違うんだろうとか、その人を構成する要素はどこから来たんだろうとかそんなことをぼんやり思う。

ところで私は漫画なら九井諒子先生の作品が大好きで、 大好きです。

 

何を書こうとしてたか忘れてしまったのだけど、忘れるくらいなら書かなくてもよかったんだと思う。

こう、なんか自分の性格がオープンになる時期と引きこもる時期が年単位で変わる気がしてる。それは周りの環境が原因だと思うんだけど、なんだろうな、上手く掴めないな。

人がそれぞれどういう気持ちで生きてるのか全部知れたらいいのになぁ。

あーもう今日は満足かな。一人の時間は本当に大切だな。次は日記いつ書くだろう、いつかなぁ。