読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花粉

家でじっとしてる。

布団に入って 電気を消して目を閉じる、穏やかな曲や柔らかい口調や声を聞く、みたいなのは良い。安心感は不安をやわらげてくれるなあと思う。

何が不安なんだか自分でもよく分からないんだけど、ずっと前からかなり不安な気持ちでしょうがない。

それから、ずっとしっくりこない、どれだけ外から見たら良いものだとしても そうじゃなくても、本当に欲しいものじゃない気がする。なんか満たされない。生きて今までずっとそんな感じ。

でも本当に欲しいものが何かもよく分かってない。そんなん手に入れたり経験して分かるものかもしれんが。もしくはないのかも。その点、物はほしい!ってなって買えばちゃんと満足できるし簡単、感情や環境⁇は難しい。人間をものだと捉えてたらどうなるんだこれ

 

風呂入るだけで前向きになったりするし体温は本当に大事だな。

春は淡い桃色と薄黄のフィルターが視界にかかって、和菓子みたいな空気が満ちてるし病気って言葉が似合うと思う。

私は春は幻 病気 生命、夏は高揚、秋は思い出 過去、冬は幻 過去 嘘 眠り、だと感じる。

四季それぞれについてイメージする言葉は人によって違って面白い。自分でも過去と変わったりする。前もやったんだけどな、忘れた。

 

偉そうにする、自分がしてほしいことを他人にする、そういう癖があるなと最近気づいた。偉そうにするのは直したいけど後者はよく分からない。ちょっと考えよ

これからは穏やかに生きたいな。それなりに友達を作って適当に少し遊んで、バイトと趣味を沢山やろう。そんなんにしていたら、今は早めに死にたいと思ってるけど そのうち私も長生きしたいと思うような風になるかも。生きるのが楽しいていうの意味分かるんだけどな

死ぬのが怖い自分が消えるの怖いって何が怖いのかな、痛いのは嫌だけど人生や命がなくなるのは眠ったときのあの感じに近そう、なんて適当に感じる。本当はそんなんも何もなくなっちゃうんだろうけど

別に何もなくなってもよくない?私だって自分は大切で好きだけど、なくなってもいいし別に

何か強く生きたいと思える事ができたら?と思うけど、人間は増えて欲しくないし犬を飼うのやっぱ良いと思うんだ。

人が言葉を使い始める瞬間とか可愛らしさより人間の幼体だって感じがありありとする。人間は喋るから。自分の子供だったら違うかな

 

言葉とそれで作ったルールばっかになって感情薄いやつほど虫っぽく見えるんだよな。別にそれでもいいし、ほどほどなら好きかもしれないんだけど...

ただやっぱ完全にそんな感じの人間苦手だなあ ほんと お前機械かよって感じ

日本人ロボットのイメージあるのそれなんじゃないか

日本人、日本に対して自己愛高いからちょっとでも批判したらすぐ怒る人多くない?本音はクソだと思ってんじゃないのか、それとも嫌な部分は見てないか

幼稚で陰湿で食べ物がおいしくて治安が良くて神社があるそういう感じの国。

 

いっぱい喋った。