—-

たぞãĢ書く。

🌀

č„ŗãŋãã‚’å…¨éƒ¨ã­ã‚“ãŠãŽåĄŠãŋたいãĢå›ēめãĻ吐いãĻしぞいたい。気分がæ‚Ēい。 

äģ–äēēがč‡Ē分ぎ中čēĢãĢåš˛æ¸‰ã—ãĻくるぎがæœŦåŊ“ãĢåĢŒã§ã€č‹Ļ手ãĒį›¸æ‰‹ãĒらãĒおさらもう駄į›Žã€‚ずたずたãĢå‰˛ã„ãĻæŽēしãĻã—ãžã„ãŸã„æ°—æŒãĄã€‚čĩ¤ãŽäģ–äēēがį§ãŽä¸­čēĢãĢåš˛æ¸‰ã—ãĻいãĒい、というぎは一į¨ŽãŽåŽ‰åŋƒãĒぎかも。į°Ąå˜ãĒåĨŊ意をくれるぎは晎通ãĢåŦ‰ã—いと思う。

 

äģŠæ—Ĩは柔らかいå„ĒしいäēēãĢäŧšãŖた。そういうäēēが一äēēいるだけで周りも和やかãĢãĒる。もうãĒんだかįŠãŋかさãĒãŖãĻįŠãŋかさãĒãŖãĻįš†å‰ã‚ˆã‚Šč’々しくãĒãŖた気がする。åĢŒãĒもぎもäēēも捨ãĻãĻ、åĨåēˇãĢæ‚ĒいäŊ•ã‹ã¯å›žåŽã—ãĻもらおう。įžŠå‹™ã¯ã‚るだろうけおさãŖさとį‰‡ã—ãĻåŋ˜ã‚ŒãĻ、å„ĒしくįŠã‚„かãĢæšŽã‚‰ãã†ã€ãã†ã—ãŸã„ã€‚čž›ã„æ€ã„ã¯ã—ãŸããĒい。嚸せもéĢ˜æšã—たæĨŊしさも望ぞãĒã„ã‹ã‚‰čž›ããĒりたくãĒã„ã€‚čž›ããĒã‚‹ã¨ããŽå ´ã—ãŽãŽãŽã€čž›ã•ã‚ˆã‚Šãƒžã‚ˇãĒ不åŋĢãĒ感情をįš°ã‚Ščŋ”さãĒきゃいけãĒã„ã€‚čž›ã„æ€ã„ã‚’ã™ã‚‹ãã‚‰ã„ãĒら嚸せもæĨŊしさもいらãĒいし、それぎためãĢčž›ããĒるãĒんãĻæœŦæœĢčģĸ倒では。

åŦ‰ã—ã•ã‚’č–„ãäŧ¸ã°ã—ãĻæ—Ĩ常をįš‹ã„でいきたい ãĻ そういうことかもしれãĒい。